池田満寿夫美術館 銅版画プレス機のご案内

このたび、銅版画家の故・門坂流(かどさか・りゅう 1948-2014)氏のご遺族より、池田満寿夫ゆかりの銅版画用プレス機が寄贈されました(右写真)。
プレス機のもと所有者は、1960年代から長年、池田満寿夫の専属プリンターを務めた故・林健夫氏です(林グラフィック・プレス経営)。
工房に置かれたこのプレス機でほとんどが林氏の刷りによって、ときには池田自身の手によって、1970年頃〜80年代の色彩豊かな池田の銅版画が制作されました。 同機は1990年代に林氏から門坂氏へ贈られました。
当館では門坂氏愛用のビュラン(彫刻刀)とあわせて、プレス機を公開しています。皆様のご来館をお待ちしております。
2014年12月 池田満寿夫美術館「友の会」

*2016年4月に銅版画ワークショップ開催の予定です。

池田満寿夫美術館「友の会」所蔵

池田満寿夫ゆかりのプレス機

池田満寿夫美術館蔵